記事

不動産テックで新型コロナウイルスに対応する中國の教訓

新型コロナウイルスの感染拡大からいち早く回復の兆しを見せる中國。ビル內の消毒にロボットを活用した他、IoTを駆使して館內検査の人員を減らすなど、ウイルス感染対策として不動産テックをフル活用している。非常事態における不動産テックの重要度が浮き彫りになった。

2020年 05月 12日
ウイルス感染予防にテクノロジーが有効

世界が新型コロナウイルスの脅威に直面する中で、いち早く回復の兆しを見せる中國から學ぶべき教訓に注目が集まっている。

まずはテクノロジーが建物の安全性向上に対して中心的な役割を果たしたことが明らかとなった。人々が働き、買い物し、生活する場の管理には入館用アプリから病院の消毒薬噴霧ロボットまで人の接觸を制限する様々なツールが活躍した。??

JLL中國大陸 オペレーションズ?プロパティ?アンド?アセットマネジメント ヘッド エリック?リーは「近代的なビルではパンデミック時において人に依存する割合がかつてないほど低くなっている。新しいテクノロジーはソーシャルディスタンス政策や移動監視などのウイルス感染予防措置の実施にとても有効だった」と評価する。

不動産テックで人との接觸を減らす

中國で新型コロナウイルスの流行中に使用されたテクノロジーの多くは新しいものではなかった。中國は長年にわたり、不動産管理を合理化させるアプリやIoT、センサー、ロボットなど、急速に成長する「不動産テック」を早期から採用していたためだ。

そして新型コロナウイルスの流行中、不動産テックの長所にさらなる注目が集まった。

上海のビルでは、館內の消毒にロボットが使用された。ロボットは自動的に走路を計算し、隅々まで殘さず清掃して清掃擔當者の負擔を軽減すると同時に感染予防にも寄與したのだ。

こうしたロボットはウイルス感染の発生源とされる武漢の病院でも使用された。障害物を避けつつ自律走行でパトロールするロボットは消毒薬を噴霧し、赤外線畫像で人の體溫を検溫し、マスク著用の有無すら判斷できる。

感染拡大を抑制したのは物理的なロボットのみではない。上海市內のAグレードオフィス「寶地広場」では、IoTにより施設や設備の検査に必要な人員を削減した。同ビルは既存システムから施設や設備に関するリアルタイムデータを取得するため、JLLが提供するプラットフォーム「コマンドセンター」を導入し、無線IoTセンサーで空気の質や溫度、濕度、エネルギー消費量を監視したのである。

ビルのハードウェアをテック化

ウイルス感染を未然に防ぎ、発生時にはスタッフへのプレッシャーを軽減する不動産テックを新規開発プロジェクトのハードウェアに組み込むことが可能であり、既存のビルに後付けで導入することができる場合もある。

新型コロナウイルスは空気感染ではなく飛沫を通じて鼻や口から感染が広がることが研究で示されているが、JLL中國大陸?エンジニアリング?アンド?オペレーションズ?ソリューションズ?プロパティ?アンド?アセットマネジメント ヘッド スティーブ?チャンは「ウイルスが空気中に浮遊する性質を考えれば、新鮮な空気やリターンエアシステムは明確な出発點となる」と語る。あわせて新鮮な空気の流れを増加させる開閉可能なカーテンウォール窓の採用や、循環する空気を消毒することで空中を浮遊するウイルスを減少させられる。

人の物理的な接觸は重大な感染要素とみられているため、土地所有者はコンタクトフリーの措置導入を求めた。これには、ドアを開いたりエレベーターを呼ぶといった単純な作業に顔認識を使用したり、攜帯電話にブルートゥースやダイナミックQRコードシステムを搭載するといった先進的な手法が含まれている。これらは感染対策としてより典型的な消毒手段である手洗いポイントの増設やトイレのアップグレードをはるかに超えた措置だといえるだろう。

リーは「ロボット工學やソフトウェアソリューションの導入には數週間を要することもあるが、不動産管理ニーズへの対応ははるかに迅速に実行可能だ」と指摘する。

そうしたシナリオに備えるための緊急対策の仕組みづくりやスタッフ研修は、緊急事態発生時により迅速な対応を可能とする。一方、マスクや手袋、消毒薬、消毒用アルコールなどの物資の調達と、これらのサプライチェーンの信頼性確保も注意しなければならない點だ。

リーは「中國の教訓は、將來的なウイルス感染拡大に備えるためにはより積極的なアプローチが不可欠なことを示している」と述べる。企業は前向きなアプローチを採用しており、現時點でテナントやビルを守るだけではなく、將來的な感染拡大に備えて対策を講じるべきだろう。

成年片黄网站色大全免费